facebooktwitter
トップページ > 会員紹介 > 会員紹介(2)

会員紹介(2)

会員 近藤和夫
古民家鑑定士になったきっかけ 平成15年に大正元年建築の家(市原市)を増改築して内覧会を開催したところ、150名以上の来場者がありそこから方向が見えた。
古民家鑑定を通じてどんな未来にしていきたいか 日本伝統の在来構法を現代に残して継承したい。
性格を一言で 明るく楽しい
座右の銘 即実行実践
趣味 ゴルフ・読書・散歩・朝風呂・ドライブ旅行
特技 プランニング
好きな建物・土地 古民家(自宅含)・京都・北海道
ちょっと自慢出来る事 27才独立 夢を追って実現して来た
ウェブサイト http://www.k-takasima.jp/
ブログほか  
メッセージ 当初から在来工法一方でやってきた。そして古民家を知り、今は千産千消をモットーにして行きます。モデルハウスとして古民家(自宅)・いすみの家

 

会員 阪本泰之
仕事 HP制作とかシステム構築とかやってます
座右の銘  
好きな言葉  
尊敬する人  
趣味  
特技  
ちょっと自慢できること ちょっとしたリフォームなら自分でDIYします。大工道具・電動工具一式持ってます。
HP・ブログ  
SNSアカウント  
ひとことご挨拶  

 

会員 城信介
仕事
座右の銘
好きな言葉
尊敬する人
趣味
特技
ちょっと自慢できること
HP・ブログ
SNSアカウント
ひとことご挨拶

 

会員 竹中修
古民家鑑定士になったきっかけ  
古民家鑑定を通じてどんな未来
にしていきたいか
 
性格を一言で  
座右の銘  
趣味  
特技  
好きな建物・土地  
ちょっと自慢出来る事  
ウェブサイト http://www.tak-arch.jp/
ブログほか https://www.facebook.com/OTakenaka
メッセージ  

 

会員 立川洋一
古民家鑑定士になったきっかけ 小さい頃から新しいものより趣のある古いものに興味があり、古民家や骨董品などが大好きでした。古民家鑑定士という資格の存在を知り、自分も古民家鑑定士になって、もっと古民家の知識を深めたいと思ったからです。
古民家鑑定を通じてどんな未来
にしていきたいか
日本の住宅寿命の短さの解消と古材再利用の観点から、長い年月をかけて様々な知恵や技術が凝縮された伝統構法を見直し、手入れをしながら数百年住み続けられる住宅が溢れる未来にしていきたい。
性格を一言で マイペース
座右の銘 今を切に生きる
趣味 米作り
特技  
好きな建物・土地 秋田県横手市増田の内蔵・長野県上高井郡小布施町
ちょっと自慢出来る事 自宅が昭和元年建築の古民家です。でも損傷が激しいので冬は冷蔵庫に住んでいるようです。
ウェブサイト  
ブログほか  
メッセージ 建築とは無縁の職業ですが、趣味が高じて古民家鑑定士にならせて頂きました。まだまだ未熟ですが、一人前の古民家鑑定士を目指して活動していきたいと思います。

 

>
会員 佐々木義将
性格を一言で  
座右の銘  
趣味  
特技  
好きな建物・土地  
ウェブサイト http://sasa-ken.com/
ブログほか http://ameblo.jp/yoshi-936/
メッセージ  

 

当協会の会員募集についてはこちらをご参照ください。

 

2017-07-03
このページの一番上に戻る
Copyright(c) 2015 (社)千葉県古民家再生協会 All Rights Reserved. Design by AVIST